FC2ブログ
ぼくとマンガと戦隊で
マンガの紹介と感想、スーパー戦隊のヒロインキャプチャーと各話感想を綴るポンコツブログ
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
樹魔・伝説 水樹和佳
jyuma

集英社  ぶ~けコミックス  全1巻 個人的評価 ★★★★★
―――――――――――――――――――
【樹魔】

西暦2500年。
舞台は、膨大の数の巨大流星群に襲われた地球。
激突が予測されたものは、大気圏突入前にミサイルによって打ち砕かれたが、それでも大小1000万個もの隕石が世界各地に降り注ぎ大打撃を受けた。

研究都市の一室で、瞑想を行う青年、イオ・フレミング。
無意識界にある情報群の結びつきで得られる直観やひらめきを、意識的に作り出すことによって答えを得る瞑想。
この時代には瞑想は科学の領域にあるようです。
そこに局長が現れ、イオに南極に行ってもらいたいと伝える。
研究都市の秘密実験体である自分が、外出して良いことに驚くイオ。
どうやら瞑想のスペシャリストであるイオが必要らしい。
何故か南極に森林規模の植物反応あるらしく、しかも落下した隕石周辺から、陸に向かって体温を獲得しながら急速に進化し広がっているらしい。
今は進化が止まっているようだが、何かの切っ掛けでの爆発的な増殖と進化によって、氷が溶かされ、海面が上がり、大津波がおこる。
最悪の事態に備えて、植物が進化した原因と植物の解明、そして今後の予測を導き出してほしいとの事。
去り際に局長は、イオに残された時間が一か月である事、そして今回の任務ににイチロウ・サヤマも関わっている事を伝える。


南極―
談笑をする男女。任務に加わるイチロウとネフェルの二人。
どうやらお互い大事な人を失っている様子。
イオと対面する二人。イチロウを意味ありげに見つめるイオ・・・

長い瞑想の末、出た答えを会議の場で発表するイオ。
植物群には理解をこえた、超生命体に支配されているらしい。
しかし、なぜ進化を止めているのか納得できないという学者。
その答えを″人〝と出したイオは、その事を伏せ、現地に赴き真実を確かめてから報告することに。

イチロウとネフェルに案内され向かう道中、研究都市の大事故に巻き込まれ、命を落とした弟、ジロウ・サヤマがいた事を話すイチロウ。
それを受け、ジロウはもういないと、心の中で呟くイオ・・・

到着した一行。イオは一人で行くらしい。
まるで植物進化の実験室のような現場。
もみの木にりんごが生り、やしの木バナナ、松にぶどう、まるで子供のいたずら書きのような森が広がっていた。
そこで謎の少女を見つけ追いかけるが、植物に襲われる。
少女の「やめて、ジュマ!」
その言葉で襲撃をやめる植物。

ディエンヌと名乗る少女。
5年前、南極基地で科学者の父と共にいたらしく。
隕石の落下からの避難途中、父と仲間を失ったい、途方に暮れている時″ジュマ〝が現れたとのこと。
故郷の雑草に似ているというジュマは、あっという間に森になり、ディエンヌの為にあらゆる物を作ってくれたという。
ジュマにはディエンヌの心が分かるらしい。
瞑想の答えは正しかった。
植物ジュマは、彼女の為に増殖を止め内部進化していたのだ。ジュマはディエンヌを愛している!


と、ここから先は皆さんの目で確かめてください。
自分は少女漫画に詳しいわけではないですが、
これは少女漫画が苦手な人にも読んで頂きたい作品です。

【伝説】
樹魔の続編。
前作と合わせて素晴らしい物に仕上がっています。


eBookJapan

 

樹魔・伝説 水樹和佳 SF 漫画 マンガ コミック 少女漫画 少女マンガ 漫画紹介

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

漫画・コミック ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.