FC2ブログ
ぼくとマンガと戦隊で
マンガの紹介と感想、スーパー戦隊のヒロインキャプチャーと各話感想を綴るポンコツブログ
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
【ヒロインキャプ&第7話感想】魔進戦隊キラメイジャーエピソード7「トレーニングを君に」
キラメイジャー7話画像7





ストーリー


―ヨドンヘイム
「2つの頭を持つダガメスを邪面獣にしたのか」
キラメイジャー7話画像1
「いいだろ?最強の邪面獣レーネツダガメスだ!」
「相当な量の闇エナジーを必要としそうだな」
「まあな だが召喚できれば強さも無論 2倍以上!」「そこでだ!兄弟邪面師 カモーン!」
闇の中から現れる2体の邪面師。

1人のんびりと絵を描く充瑠。
そこへ瀬奈が現れて、充瑠を特訓するという。
マラソンをさせられる充瑠。自分を思っての特訓という事で喜ぶのだったが・・・
そこへ今度は時雨が現れて、剣道の特訓を受けることに。
瀬奈と同じく1時間の特訓を受けた充瑠の前に、今度は小夜が登場。
さらなる特訓が待ち受けるのだった。

4人が充瑠の特訓に燃えているのは、どうやらドキュメンタリー番組の影響らしく、優秀なリーダーを育成するためのようだ。
ドキュメンタリー好きだなキラメイジャー。時雨の時も見てたし。

小夜から合気道の特訓を受けてヘロヘロの充瑠も元に、今度は為朝が現れ、VR訓練が開始。
前の3人の特訓と同じく、またまたボロボロになる充瑠。
そこへ更なる厳しい特訓を組み込もうとする4人は、充瑠そっちのけで大揉め。
「あの皆さん!充瑠さん本人のご意見も聞いてさしあげるべきでは?」
だが、その隙に充瑠は逃げ出してしまう。

逃げ出した充瑠は魔進のもとへ。
キラメイジャー7話画像2
「きつそうだな充瑠 大丈夫か?」
「でも みんな俺のためにしてくれてるから...」
そこへ邪面師出現の報せが!

駆けつけるキラメイジャー。
現場では熱気と冷気が吹き荒れていた。
そこへ現れる2体の邪面師。
キラメイジャー7話画像3
「熱き炎の仮面!チーン!オーブン邪面!」

キラメイジャー7話画像4
「冷たき氷の仮面!フリーザー邪面!」

応戦しようとするキラメイジャーだったが、なんとオーブン邪面がフリーザー邪面を攻撃。
キラメイジャー7話画像5
「何をする?兄者!」

「弟!せっかく俺の上げた温度を下げるんじゃない!」
「そっちが上げんな!俺の冷凍攻撃に任せとけ」
「口答えするな 弟のくせに!」
兄弟喧嘩を始めてしまう。
その様子を見つめるガルザ。
「弟のくせに か...」
気を取り直し攻撃を仕掛けるキラメイジャー。
しかし、充瑠は特訓の疲労で思うように戦うことができない。
フリーザー邪面のよって充瑠に危機が迫るが、またしてもオーブン邪面が妨害。
再び仲間割れを始めようとする2体をガルザが制止。
そのまま、オーブン邪面を斬りつけたではないか。
「弟が功を成すのがそんなに悔しいか」「戦いの場で見苦しいぞ」「頭を冷やせ オーブン邪面」
形勢を立て直すため一時退却するガルザたち。

兄弟邪面の失態に憤るクランチュラ。
「フフッ...兄弟は力を合わせるもの というお前の前提が間違っているのさ」「この場は俺に任せろ」
「大丈夫か?フリーザー邪面」
手を差し伸べるガルザ。
「おおっガルザ殿 先ほどはかたじけない」
「悪いのはオーブン邪面だ」
「兄というものは腹立たしいものだ」「ほんのわずか先に生まれたというだけで 弟を見下し続ける」「兄を憎むお前の気持ち 俺には痛いほどわかる」
「ガルザ殿にも覚えがあるのか?」
「ああ お前が他人には思えん」「力を貸そう プレゼントだ」
同じ弟という立場で感じるものがあったのかフリーザー邪面に肩入れするガルザ。なにやら黒いドリンクを差し出すのだった。

疲労から絵も描けない状態の充瑠。
キラメイジャー7話画像7
「疲れてませんか?充瑠さん 少しお休みになったら?」
「絵はいくら描いても疲れないはずなんだけど...」
そこへ再び特訓に燃える4人が現れ、充瑠に厳しい特訓を始める。
その様子を心配そうに見つめるマブシーナ。
疲れ果てふらふらの充瑠。
その時、脳裏に電車が浮かび上がり、それが目の前を走り抜ける幻を見る充瑠。
キラメイジャー7話画像8
とうとう幻覚が見え始めたのだろうか。
と、そこへ再び邪面師出現の報せが!

オーブン邪面の熱よりも強力な冷気を放つフリーザー邪面。
「来たかキラメイジャー!」「ガルザ殿の後ろ盾を得た今 二度と俺の凍結は破らせないぜ!」
そう言って先ほどの受け取ったドリンクを飲むフリーザー邪面。
キラメイジャー7話画像9
「そっそれは...!24時間戦える邪面師憧れのパワードリンク ウスギタゴールド!」

黄色と黒は勇気のしるし 24時間戦えますか♪ リゲインやないかーい。
一気に飲み干すと、さらに強力な冷気攻撃でキラメイジャーだけではなく、オーブン邪面も凍らせていく。
「俺が集めた闇エナジーで邪面獣を迎え入れる」「兄者は指をくわえてそれを見ていな」「勝利の栄光も邪面獣も 両方俺のものだ!」
キラメイジャーに止めを刺そうとしたその時、フリーザー邪面に異変が!
突如ダメージを受けるフリーザー邪面。キラメイジャーの凍結も解除される。
「ガルザ殿!どういうことだ?」
「知らなかったようだな」「ウスギタゴールドは飲みすぎると副作用を起こし 体が崩壊する」
「フフフ...ご苦労だった 弟よ」
「まさか...ガルザ殿は最初から兄者と...!」
答え合わせと言わんばかりに、嘲り笑うガルザたち。
「兄を憎む気持ちがわかると言ったのは ウソだったのか!?」
「そいつは本当だ」「だが同じ兄弟でも 俺と兄の場合とは違うところがひとつある」「お前たちは弟のほうが弱かった」「弱いほうが捨て駒になるのは当たり前の話」
ガルザはそう吐き捨てると、フリーザー邪面を一刀両断にするのだった。
キラメイジャー7話画像13
ガルザへの恨みを残し、爆散するフリーザー邪面。
「最後に覚えておけ」「俺は兄だけでなく 弱いやつも嫌いだ」
邪悪そのもののガルザ。なんでこいつがクリスタリアに生まれたのやら。

フリーザー邪面にかかっていた保険が適用され、レーネツダガメスが召喚。
魔進を呼び出しキラメイジンキャリーで応戦するが、レーネツダガメスとスモッグジョーキーの攻撃に苦戦。
さらに超高温と超低温の攻撃によって、魔進は体をもろくされ、ボディーに亀裂が入ってしまう。
キラメイジャー7話画像15
これこそガルザの狙いだったのだ。
なんとかキラメンタルを発揮しよとする充瑠だったが、特訓の疲れからとうとう倒れてしまう。
充瑠が倒れたことで魔進の力も抜けてしまい絶体絶命。
その時、充瑠の脳裏にさっき見た電車が再び現れる。
するとなぜかガルザに異変が起こり、攻撃を止めてしまう。
両者睨み合う中、そこへ電車が現れ、なんと光の巨神となったではないか。
キラメイジャー7話画像16
光の巨神の正体とは?気になるところで次週へ続く。



今週のヒロイン 速見瀬奈(新條由芽)


キラメイジャー7話新條由芽画像1キラメイジャー7話新條由芽画像2キラメイジャー7話新條由芽画像3
キラメイジャー7話新條由芽画像4キラメイジャー7話新條由芽画像5キラメイジャー7話新條由芽画像6
キラメイジャー7話新條由芽画像7キラメイジャー7話新條由芽画像8キラメイジャー7話新條由芽画像9
キラメイジャー7話新條由芽画像10キラメイジャー7話新條由芽画像11キラメイジャー7話新條由芽画像12
キラメイジャー7話新條由芽画像13キラメイジャー7話新條由芽画像14キラメイジャー7話新條由芽画像15
キラメイジャー7話新條由芽画像16キラメイジャー7話新條由芽画像17キラメイジャー7話新條由芽画像18
キラメイジャー7話新條由芽画像19



今週のヒロイン 大治小夜(工藤美桜)


キラメイジャー7話工藤美桜画像1キラメイジャー7話工藤美桜画像2キラメイジャー7話工藤美桜画像3
キラメイジャー7話工藤美桜画像4キラメイジャー7話工藤美桜画像5キラメイジャー7話工藤美桜画像6
キラメイジャー7話工藤美桜画像7キラメイジャー7話工藤美桜画像8キラメイジャー7話工藤美桜画像9
キラメイジャー7話工藤美桜画像10キラメイジャー7話工藤美桜画像11キラメイジャー7話工藤美桜画像12
キラメイジャー7話工藤美桜画像13キラメイジャー7話工藤美桜画像14キラメイジャー7話工藤美桜画像15
キラメイジャー7話工藤美桜画像16キラメイジャー7話工藤美桜画像17



感想


魔進戦隊キラメイジャー第7話です。

充瑠受難の回!?
特訓に燃える4人に振り回される充瑠。疲れをみせながらも自分を思ってのことと受け入れる充瑠が健気。
というかドMの素質があるようなw
充瑠の疲れは特訓のせいということでいいのかな。それとも別の要素がるのか。
ガルザが苦しそうにしていたのと関係があるのか?

今回の敵は2体同時。兄弟の連携を見せるどころか足の引っ張り合いに終始。
これは最初からガルザ入地恵なんだよね。最初に笑ってたもんな~。
狡猾な奴。ガルザ悪として輝いてるわ。これは倒し甲斐がある。

光の巨神は新たな魔進ということなのかな?
次回が楽しみです。



にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村

特撮ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:魔進戦隊キラメイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.