FC2ブログ
ぼくとマンガと戦隊で
マンガの紹介と感想、スーパー戦隊のヒロインキャプチャーと各話感想を綴るポンコツブログ
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
甕のぞきの色 山岸涼子
甕のぞきの色

秋田書店 プリンセスコミックス 全1巻 個人的評価 ★★★
―――――――――――――――――――
甕のぞきの色
自分の末期癌告知を立ち聞きしてしまった雑誌記者の横田郁夫、動揺した彼は編集会議で聞いた、奇跡の水病気を癒すと噂の泉深館に藁をもすがる思いで訪れる。
そこで館のシンボル18歳の少女、鈴木比売子と出会い、取り巻きから奇跡の水の説明を受ける。半信半疑ながら縋るしかない横田はそこで暮らし始めるが・・・

私の下手なあらすじだと妖しい新興宗教の話かと思われます。私も読んでいる途中はその危険性を伝える作品かと思っていました。
実際、比売子と水を利用する取り巻き(母親)の存在が露見するのですが、その後の展開が意外でした。
神秘の力は実際にあるんじゃないかという結末になるのですが、正直この結論は眉唾ですねぇ。
実際に力があったように描かれているんですが、どうも現実問題と比較してしまって、山岸先生の考えと読者(私)の考えが乖離してしまっている感じがしました。

【蓮の糸】
山岸先生が見聞きした数々の心霊体験を語る作品。

甕のぞきの色で眉唾と書いておきながら変ですが、幽霊系は好きなので、こちらは素直に面白く読めました。

【二口女】
イラストレーターの山内由良子、好みの男性はハンサムじゃない男。
そんな彼女がお見合いをするのだが・・・

妖怪の名前ですが実際に出てくる訳ではありません。
欲ばった理想の異性を追い求めてもいけないという教訓めいたお話。






甕のぞきの色 短編集 山岸涼子 漫画 マンガ コミック 少女漫画 少女マンガ 漫画紹介

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.