ぼくとマンガと戦隊で
マンガの紹介と感想、スーパー戦隊のヒロインキャプと各話感想を綴るポンコツブログ。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
夜は散歩者 福山庸治
夜は散歩者1夜は散歩者2

東京三世社 マイコミックス 全1巻 個人的評価 ★★★★

日本エディターズ ペーパーコミックス 〃
―――――――――――――――――――
夜は散歩者
山奥の別荘地で起こる、ドタバタ劇。
「オオカミが出てきた日」の元になったんじゃないかと思う作品。
女性が殺人犯に追われて次々と起こるドタバタが面白いです。
タイトルは江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」のもじりなんでしょうか?

「魔のススメ」
麻雀に興じる4名の男女。
その一人がこの状況はあの時と同じだと言い始める。
そう、Kが死んだ時と―

ホラー物。短いお話で展開も多い訳ではないのに、演出で魅せられる一品。

「ゲームは愉し」
前夜、飲み過ぎて記憶が飛んでいる男。
どうやら富豪と賭けをしていたこ事に気付く。
富豪が賭けた者は別荘、男が賭けた者は?

ラストの余韻が印象的。

「夏猫」
娘が拾って来た猫には生殖器がなかった。
あの猫は実験動物なのではと思い始めた主婦。はたして・・・

「エレベーション」
エレベーターの中で痴女に誘惑される男。
これは幻なのか?
その事を恋人に話す男は次第にやつれていき・・・

これもホラー物ですね。エレベーターと痴女という設定が面白いです。

「シャワー」
セールスマンと浮気中、風呂場で男が事故死してしまったのを発見した女。
夫を呼び出し、男との関係を隠して事故処理をさせよとする。

これも設定がユニーク。ブラックジョーク系でしょうか。


ミステリー物の作品集です。
福山庸治先生は圧倒的に巧い。
コマ割り、構成、構図どれをとっても素晴らしいです。
福山先生は映画がお好きなのが感じられますね。

画像は左が東京三世社版、右が後に復刊された日本エディターズ版。


eBookJapan



夜は散歩者 短編集 福山庸治 漫画 マンガ コミック 青年漫画 青年マンガ 漫画紹介

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

漫画・コミック ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.