FC2ブログ
ぼくとマンガと戦隊で
マンガの紹介と感想、スーパー戦隊のヒロインキャプチャーと各話感想を綴るポンコツブログ
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
俺たちの季節 宮谷一彦
俺たちの季節

三崎書房 シリーズ現代まんがの挑戦6 全1巻 個人的評価 ★★★★★
宮谷一彦先生が描く、若者の青春劇。
―――――――――――――――――――
伝説の漫画家、宮谷一彦先生の作品集。
まず画がとても格好良いです。書き込まれた画、小ざっぱりとは無縁のどこか泥臭く野性的なタッチ。
そして、詩的センス。
若者の苦悩、葛藤、やり切れない思いを詩情豊かに描いています。
このセンスは素晴らしいです。
最近の漫画に読み慣れた方は、最初読みづらく感じるかもしれませんが、敬遠せずに読んでいただきたい。
音楽にヨット、ボクシング、バイク、青春をぶつけもがく若者の姿を観よ。
読み応えのある漫画はないか?心を揺さぶる作品は?
そんな人は宮谷一彦を読みましょう。

収録作
「魂の歌」「75㌣のブルース」「太陽と潮騒の中で」「不死鳥ジョー」「セブンティーン」
「あいつとオイルと枯れ草と」「荒野遥かに」「俺たちの季節」「風に吹かれて」






俺たちの季節 短編集 宮谷一彦 漫画 マンガ コミック 劇画 漫画紹介

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

漫画・コミック ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.