FC2ブログ
ぼくとマンガと戦隊で
マンガの紹介と感想、スーパー戦隊のヒロインキャプチャーと各話感想を綴るポンコツブログ
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
万祝 望月峯太郎
万祝1万祝2
(右はちょっぴり恥ずかしい2巻の表紙)

講談社 ヤンマガKCスペシャル 全11巻 個人的評価 ★★★★

万祝3万祝4

望月先生が描く、海洋冒険漫画
宝島を目指して、高校生や海賊が入り乱れて冒険を繰り広げるロマン譚。

―――――――――――――――――――
万祝(まいわい)です。

本作の主人公は大和鮒子、16歳。
母が今際の際に言った強くなって、という言葉を勘違いして格闘技に打ち込むパワフルなピチピチ女子高生。
しかし、近頃胸をよぎるモヤモヤした気持ちに悩んでいます。
この鮒子ちゃんが可愛らしいんですね。健康美が素敵なんです。
望月先生のサービス精神でパンツもモリモリ見せてくれます(笑)

そんな鮒子の家にカトーと名乗る、謎の男が居候することになって物語が動き出します。
カトーの狙いは鮒子の亡き祖父が残した宝島への手がかりです。
そこに海賊が絡んでくるワクワクする展開です。
この海賊たちも面白いんです。物語を盛り上げてくれますよ。

漁師だった祖父は海に出た事で、素晴らしい経験をしたことが人生を豊かにしたことを知っています。
その体験を孫娘にも経験してほしいと鮒子に宝の地図を残します。
この祖父のメッセージが本作の主題となってきます。
このテーマは、何となく大人になってしまった自分にはぐさりと突き刺さります。
そして、もう一つの本作を形成する要素が、カトーと巨大鮫、トビミヅチです。
この鮫が尋常じゃないのです。そのデカさはまるで幻の鮫メガロドンのようです。
カトーがトビミヅチに固執するのはなぜか、カトーが辿り着いた答えとは?
このカトーが得たものも人生においての素晴らしいメッセージ性を持っています。

そして、独特の望月節も健在。
構図、見せ方も巧くて素晴らしいです。
望月先生と言えば、ラストを謎めかして判断を読者に委ねる作品が多いです。
あの作風私は好きですが、苦手な方もいると思います。
しかし、本作は綺麗に終わっていますのでご安心ください。
海洋冒険ものを見事に描き切った望月先生の手腕に拍手です。

鮒子が冒険を通して何を得るのか、皆さんの目で見届けましょう。





万祝 望月峯太郎 漫画 マンガ コミック 青年漫画 青年マンガ 漫画紹介

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

漫画・コミック ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.